IT企業塾*挑戦の日々

ブログトップ

<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

インタビュー

明日カケロマ島、徳浜へいってきます。
徳浜は、秘境の中の秘境かもしれない。
じいちゃんが昔過ごしていた島なのだ。

そこで暮らす、漁師さんのところへ、
インタビュー。

そして、採れたての魚介類とさんごの塩を求めて。
[PR]
by fukui2006 | 2007-10-28 02:08

人材塾を振り返って。

今日のプレゼンは大失敗。
初めて人前にたって事業計画を読む。
想いをさておき、説明になってしまいました。
人材塾が今日で終わります・・。

4ヶ月と短い期間だったけれども。
本当にあっという間でした。
週二回皆さんとお話するのも楽しみでした。これから会えなくなると思うとちょっとさびしいです
一緒に頑張る仲間ができ、いつも元気をもらっていました。みなさん、ありがとうございました!

6月から10月・・
人材塾に通っている間、辛いことも、もちろん楽しいことも色々ありました。
看護学生をしながら、ピザ屋さん。本業はどっち?といわれつつ、根底にある、祖母への
想い、1人でも多くの人に元気になってもらいたい気持ちは一緒です(^^)
今はできないことでも、目標に向かってこれからも頑張ります!

最後に前田さんから
人材塾の最後に心、想い
という言葉がありました。

nlpがなぜ大事なのか、身にしみて感じられました。
すぐに心が揺らいでしまう私は、これからもっと、もっと心を磨いていかないといけません。

去年から今まで、教えていただいたことを実践して、成果を出していくことだけにとにかく
埋没していました。
販促の方法は本当に星の数ほどあって、企業塾や人材塾に出会うまでは、何か本当に
正しいのか、右往左往し、根拠のない不安や恐怖で立ち止まり、思っていることも実現でき
ませんでした。以前は、チラシ1つお店に持っていくことも出来なかったのに。
そんな私が少しづつ変わりました。
でも、想い1つで行動が変わり、思ったことは必ず実現するんですね。
本当だと実感しました・・。

自分があきらめない限り失敗という言葉はない。

生涯忘れられない言葉です。

病、人、生死、身近であることから、つい敏感になります。ピザ屋さんをとおして、看護を
通して、また2代目として、どう生きていけば良いのか、1人で雪だるまをつくるように、抱え込んでいた時期がありました。
何によって覚えられたいのか?

初めて耳にしたとき、わたしは名声を求めていないし・・と他人事のように受け止めていました。
でも、真剣に生き方を求め、その答えをしっかりと持っている方は、その人自身がメッセージを発し始め、多くの人に影響を与えて、何十人、何万人、・・・と世の中を動かしていく(それは前田先生)のだと大切な問いかけなんだと感じました。

稲盛先生の生き方、を通して、私自身も自分の生き方に対する指針を見つけることができました。これからどんな逆境でも、心の畑をあらさずに、自分の足でしっかり道を切り開いていける、生きる糧をいただきました。
前田幸俊先生にも、何をするかではなく、目前のことにまず全力を注ぐことが大事です。
それから道は開けてきます。
あたたかいメッセージをいただきました。

病棟実習、人材塾の並行
本当に、人生で濃い4ヶ月でしたが、どんな形で働いても、今日という区切りで、私にできることを精一杯やり抜こうと決めました。


まだまだ未熟者ですが、これからもお世話になります!ビシバシ宜しくお願い致します!!
[PR]
by fukui2006 | 2007-10-28 02:00