IT企業塾*挑戦の日々

ブログトップ

<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

三ヶ月後にはこんな自分になっている

3ヶ月後は10月。

人材塾の初日、2分の自己紹介、時間のことを考える余裕もなく、話すので精一杯だった。

3ヶ月後、人前にでても緊張せず、堂々とスピーチできるようになっていたい。
とこんな意気込みでのぞんだのではなく、わたしの中で企業塾後、命がけというと大げさですが、血を吐くまでがんばろうと決めて応募したので! 
実現するまであきらめません。逃げません。

1、チラシがいつもレス10%超える (リベンジ中!)

2 10日で100枚売り上げる。
 
  チラシ、はがき、DMが成功する。

3 事業計画に基づき、行動をおこしている。

二兎追うものは一兎も得ずではない・・はず。

時間配分に注意しないと、体調や看護、ピザどっちかに影響する。
バランスをとりながら、がんばりますね。

そのためには綿密な計画が必要だー。

DMもさらりと良いものができるといいなあ。時間がかかるし、まだまだです。
[PR]
by fukui2006 | 2007-07-30 19:48

ありがとう

 
 月二回の定期ニュースレター(チラシ)配り始めています。
 
 今回、チラシを用意していたら、T君が言われる前に、蛍光ペンをひいて、
 
 配布先に配ってくれていました。

 ありがとう・・・。嬉しいなあ。

 チラシの反応良くないとき、やさしい気持ちや想いが強くて、売り込みが足りないとき
 
 う~ん。見直すとそうかもしれない。

 それに、気持ちが不安定のときのチラシはも字にも現れている。
 気をつけよう。

 売り上げがぽーんとあがったわけではないけれど、購買率は上がってきているみたい!?

 みんなの協力のおかげです。おっちょこちょいの私ですが、これからもよろしくお願いしますね。
 

 
 
 
 
 
 
[PR]
by fukui2006 | 2007-07-30 00:00

作り手のおもいを伝えたい


 今日ハンダマを作っているOさんからお電話いただきました。

 チラシではないのですが、Oさんのことを書いたものをお店に置いたり、
 
 お客様へ手渡ししたりしていました。

 「あんな風にかいてくれて、嬉しかったよ。ありがとう・・

 何か書いてお礼を言われたのは初めてです。嬉しかったです。お元気な声がきけて
 何より、嬉しかったです。
 
 本来ならこちらのほうがお礼を言うべきなのですが、あたたかいエールをいただきました。

 そして、8月8日にハンダマについて、専門家が集まる講習会があるとのこと(参加しても 
 良いのかな・・心配)
 紹介していただきました。
 いってきますね。
 
 でも場所がうちの学校なんてー(><) 

 待ちに待った夏休みが始まりました。やっと4時間睡眠から開放される!

 *チラシのことメルマガで紹介されることになりました~
 また全国の方に奄美のことを知っていただけるのではうれしいです。与えられたものは
 全てこの地へ還元したい。偽善者だといわれようと。

 
 
[PR]
by fukui2006 | 2007-07-28 22:55

目標達成にむけて

チラシを今週また配ります。定期配布(ニュースレター)のような形です。
まず6回つづけての反応をみる計画でした 配り方を工夫してみようと思います。
今回はどうでるかな。
継続して10%超えるチラシつくり(過去取れなかった分、今リベンジです)

今日のお話を聞いて今週発送予定のDMもあともう少しつめてみたいと思いました。絶対に成功させたいので、まだまだ知識定着してなく、しっかり振り返りしていきますね。
米丸さんのセンスの良さに脱帽です。さわやかな感じがでていて、またお店に遊びに行ってきたいと思います。

夏休みは、模擬試験と論文の結果しだいですが、8月は確実に休みです。合間をぬって就職活動もすすめていきますね。
こっちも頑張ります。

NLPのお陰でだんだん元気というより、浄化されてきているようです。
Drmmaedaさんのお陰です。maedaさんの気やエネルギーに触れて元気になっているような気もします。身代わりになってくださってありがとうございます。
私も誰かの身代わりになれるようになりたいです。

ではでは。



 
[PR]
by fukui2006 | 2007-07-23 21:43

NLP


涙がなんなのかと思ってもう一度自宅でしてみました。最近涙もろいようです。
(80歳でオペラを完成させたお話 (プロフェッショナルの条件) 危なかった。読めなくなるところでした。
本は読み入ってしまうと、周りが見えなくなるのところがあるので・・気をつけよう。)


左手の方へ私が考えて心地良いこと、、好きなこと、この人のそばで生きていきたいと思った時のこと(自分の価値観 原点みたいなもの)
看護場面で意識がなかった方が、覚醒したこと、など思い浮かべ、右手に、嫌なこと、見たくないもの、自分がこうされたら苦しくなること、などイメージしました。

左手は温かいというより熱い!!びっくりしました。右手は重たい石を乗せた感覚。手先が冷たいような感覚でもあります。

そしてゆっくり手を近づけていくと、磁石の反発しあうような感触でびっくりしました。

なんだこれ?

手の感覚もなくなり、暖かい丸い気が反発しあうようなものを感じました。

お腹にどーんとくるものなかったですが、お腹がきゅーっと押されて息がしづらくなるような感じがありました。涙の訳も結局わからず。

何を意味するのでしょうか・・?このワークは一体・・。 

右手のキーワード、左手のキーワード書き出してみよう。
[PR]
by fukui2006 | 2007-07-21 23:55

振り返り

本日の計画の大切さ、身にしみて感じました。毎度振り返るけれども、予定日に間に合わずばたばたしたり、体調崩すなど、どこかバランスが悪い。

<7月の目標>
1定期チラシを同じところへ月2回配る
2DMのレスが2%超える
3しまピザのメニューを作る
4携帯サイトの作成
5新規の方へのお礼はがき
お客様の声を作っているかたへお届けする。  でした。

1番は来週 2回目の実施 1週目のチラシレス0.6% 
2番も来週
3は何とか、エブリワンに設置、
4はまだ。
5はリピートあり達成です。継続します。

定期チラシはリニューアルオープンのチラシ15%のレスから一気にさがった。内容か?

看護
5月までに1冊問題集終わる(解剖生理)→まだ
模擬試験必修80%超える→達成!(やった~!)
間違ったところを訂正(東京アカデミー)→3回め終了させる

抄録の終了 明日まで!!月曜締めに間に合うかな。

7月中旬までの予定だったが伸びてしまった・・。
台風やスタッフの病欠、
自分の体調、う~ん。計画のたてなおさなければ。
[PR]
by fukui2006 | 2007-07-21 23:23

ポジティブなパワー

昨日は若い方が多く驚きました!
皆さんの動機はさまざま、けれどその人だけではなく、色々なかたがたの想いを抱えて、あるいは背負って望んでいるんだなということを感じました。
絶対やってやる!
という、前向きなパワー、一方、何か必死で模索しながら来れれているかた。今を変えたいという真摯な気持ち。

皆さんそれぞれに熱いものがある。

引っ張られるように私も前向きなエネルギーをいただきました。

がんばります!ラジオも挑戦してみます!

*NLP:手のひらみつめてみたけれど手の傷が痛い・・・・う~ん 
左手は神様の計画とどかこで聞いたような、右手生まれた後のことが反映されるらしい・

嫌なことが使命になった例もある。 嫌なこと右手をみて考えたら気持ちが悪くなってきた。

どうしたら良いのか分からなくなった。でも左手のほうは明確だ。
それに向かって突き進んでよいのか。私にその価値があるのか。
[PR]
by fukui2006 | 2007-07-17 16:42

ただいま戦争中

二人の自分と向き合う日々。第一弾
「嫌でたまらないもの」

最初はそんなのないと思った。全部目の前のことはいただきものですし。
(きれいごとだと言われそう)

端からみると、大変そうにみえるらしいけれど、私にとって、逆境でもなく、壁でもない


でも・・色んな制約がある。その中でジレンマ、などなどその度、うつむきたくなる。
支えてくださるのは、やはりお客様で、今日も配達に行ったら、心配して玄関前で待っていてくださった。お客様の笑顔をみるとやっぱりがんばれる。

嫌でたまらないもの、キーワードはお金なのかな。自分に自信がないことなのかな。

思いつきやアイディアで生まれるものではないのですよね。

私は私の道を感じるところを大切にしたいと思います。それに真っ直ぐ向かうこと。7年前にある方と約束したことを一生かけて果たしたいと改めて思いました。


突き進んだ道の入り口に立ち、またその中に入って自分の思うように行かず、右往左往しても
・・

いき詰まって、立ち止まって、また突き進む。その繰り返し。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

しっかり胸に刻んで歩んでいきたいと思います。

支えてくださってありがとうございます。
[PR]
by fukui2006 | 2007-07-16 00:02

台風一過


5月の半ば、デイゴの花が真っ赤に咲いていて、祖母にそのことを話すと、
デイゴの花が早く咲くときは大きい台風がくると聞いたことを思い出しました。

風の音、雨の音、怖かった・・
ピザ屋さんのドアが少し壊れてしまった!
E-oneの看板も故障中・・自然の力には抗えないけれども。
逆らわず、じっと耐えるのみ。

皆さん大丈夫かな 色々気になります。
[PR]
by fukui2006 | 2007-07-14 23:03

ハンダマの展望はいかに

かんかん照りの中、ハンダマ畑に行ってきました。

外との気温とは想像もつかないほど、ひんやりとした空気の中、
ハウスの中には整然と並ぶハンダマがありました。
雑草のようにどこでも生える、そんなイメージが一瞬にしてなくなりました。

高さもすべて同じくらい、そして葉の裏は綺麗な紫色になっていました。
毎日一枚一枚、虫がついていないか、葉を丁寧にみていく作業を続けています。
紫を綺麗にだすには徹底した遮光、適温の調整もしなければなりません。
それにハンダマは横に横に大きくなっていき、それではまっすく綺麗に育たない
ため、やはり一つ一つ、枝を丁寧に切っていくことも欠かせません。
肥料はできるだけ、化学肥料を用いず、鶏糞をしようするなど、工夫を重ねています。



きっかけは、年中はえるハンダマどうやって栽培しているのか?という素朴な疑問
からだったそうです。

ハウスで育て始めたとき、何でハンダマなんか、ハウスで?と周囲から言われたそうです。(採算がとれない)

でも島が好きで、島の伝統野菜だからと大切にしたい、もっと価値を知って欲しいと思ったそうです。そして、質の高いハンダマを提供するためには、ハウスでなければ駄目だと、
思って、はじめたということでした。

今、東京、大阪、全国からO氏のハウスに視察にこられるそうです。
ある方からOさんはこういわれたそうです。
「これから売れるため、ほかの人には栽培法内緒にすればいい」と。
でもOさんは、それでは島は活性化しないと、思ったそうです。それに、
皆にもっともっと島の野菜が貴重で価値あるものだと知って欲しい、多くのかたが僕の
栽培法でハンダマをいっぱい作れば、どんどん広まっていくし・・・それがいいよと。

ハンダマの栄養価はここで書くまでもなく、ハンダマ一つで他の野菜の何倍もの栄養が含まれています。 奄美だから、年中栽培できる、そういう点で、大手のお茶メーカーの方もOさんの元へくることもあるそうです。


価値が高く、苦労して作られているのに、売価が安く、戸惑います。
そして、Oさんのように丁寧に栽培し、肥料にもこだわっているものとそうでないもの
同じ売価なのだろうか?(ちょっとひねくれ気味ですね)

少しでも、Oさんがどのような気持ちで作っているのか、伝えられればと、思いました。
表現力が不足していて、どこまで書いたらよいのか悩むところです。

*写真:太陽の光よくもわるくも・・ 

本日はハンダマ三昧!

*午後の看護セミナー 次回はNLPの公演をお願いしました~。
[PR]
by fukui2006 | 2007-07-07 21:57