IT企業塾*挑戦の日々

ブログトップ

再会

明日は、奄美王国さんがきっかけで出会った方が、奄美へいらっしゃる日だ。

たくさんのやさしさをいただいて、どうしても気持ちが伝えたい。

でも会えないかもしれない。

手紙を書いて、いつもの場所へ届けに走りました。

もう12時を過ぎていたので、開いているか、久しぶりの猛ダッシュで、
何もないところでつまづきそうになりました。

何とか間に合い、手紙を渡せ、ホッと一息。

ふと横をみると、おじさんなのか、若者なのか、不思議な雰囲気の方がいました。

懐かしい、どこかでみたような・・きっと人違いだろうと思いました。

でも、なんとその方、小学校5年生の時の担任の先生でした。

先生も私のこと、家族のこと、驚いたのは、私がどんな生徒で、どんな性格で何が得意で、
あの頃のあなたは、と細かいところまで覚えて下さっていました。

なんと、何十年ぶりの再会でしょうか!

偶然(必然)の出会いってあるんですね。

先生の生徒だった時はまだ、新米先生で、よく私は怒られていた記憶があります。

「奄美の子どもに光をあてたい。与えるのではなく、一人一人が奄美を誇らしく思って
生きていく、そういう環境、教育を僕はしたい。」

人を導いていく、教師という立場、きっと並ならぬ苦労があったと思います。たくさんの生徒の人生をみながら、一緒に悩んで、泣いてくださった先生でした。

損得なしで、辛いときはそばにいて、楽しいときは、一緒に笑い、誤った行動には、容赦なく厳しい方でした。
大好きな先生です。

奄美が嫌で、一度は思い切って島をでようと思ったこともあったんですよという話になった。

どこにいても一緒だよ。夢がなければ。

成功も失敗も自分が決めるのだ。

「夢をもっていれば、大丈夫、周りがばかにしても、あなたの想いは必ず伝わる。」

辛いことを顔に出さなずに笑顔でいなければならないときもある。
知っているからこそ辛いかもしれない。でも笑顔で、一生懸命、夢を持ちながら、
想いをもちながら、生きていけば、きっと想いはかなう。

先生の言葉は、いくつもの、困難を乗り越えてきただろう、確固として、自分の
信念を貫いてきた生きかたが伝わってきました。

先生の教え子であったことを、こころから感謝したいと思いました。

愛弟子頑張ります!!
[PR]
by fukui2006 | 2007-12-18 02:30