IT企業塾*挑戦の日々

ブログトップ

変わるもの変わらないもの



今までよく夢や目標をもちなさい。といわれた。
あるけれど、こころの面から導いてくださる方はいませんでした。

夢をかなえるために、どうモチベーションを保つか、心のつぼをいつも上向きにするには、
目標の設定仕方や、精神面でこんなに実践的なものは初めてでした。

同時に、教えてくださる方の、気持ちが伝わり、それは、みんなに、人生を掴んで欲しい、
もっと幸せになってほしい・・言葉では言い尽くせません、感じるものがありただ、ただ
最後まで受講させてくださったこと、ありがとう ありがとうという想いで一杯でした。



まだまだ目覚めた人には程遠いレベルですが、一つ一つ頑張ります。


去年の冬、行動できず、縮こまっていた私は、企業塾で一歩踏み出す勇気をもらいました。
小さな成功体験が、次の行動に移す原動力になっていきました。

一歩踏み出せなかったのは、なぜだったのか、勝手にできないと決め込んで、変えられるものに気づいていなかったこと、認識を変えられないでいたこと。感情のフィルター。

人前にでるの話すのも、嫌で、得意なものも、ITも分からない、とにかく何もなかったところから、始まりました。
勝手な自己評価不安。そんなものに捕らわれていました。

農家の方に会うのは恐れ多くて、話すのも苦手でした。
いちど、話すと、作っている方の真摯な想い、気づけば、書いていました。

奄美にこんなにおいしいもの、優れたものがあるんだ。凄い人がいる。
まだまだ、分からないことばかりだけれど、知ってもらえた嬉しさと

想いが伝わっていく、つながる、あたたかいものを感じていました。


企業塾に出会わなければ、なかったことです。

強く思ったことは、伝わっていくんだ、自然に行動につながるんだ。
気づけば不安や恐れは、消えていました。
感情のフィルターを取り除いたのものは、「伝えたいものがある」
ということでした。それから、出会いが広がり、環境が変わりはじめました

祖母が暮らした奄美、懐かしい思い出、真摯に生き、素晴らしい人に変えていく人の存在
作り手の想い、形や場所は変わっても伝え続けます。
まだまだ知らないことばかりだけど、もっと知っていきたい。奄美が好きです。


今いる環境を、奄美を、良くしていこう、働く場所や年齢が違っても意欲が高い方々と
一緒に同じ場所で同じ時間を過ごせたこと、本当にたくさんの出会いがあり感謝しています。

仕事の枠を超え、時を忘れてお互いの夢を語り合える仲間ができたことに、言葉では言い表せない想いを感じています。

小さな場所から奄美を発信していく 人に生き抜く力あると信じていく
この想いに変わりはありません

これからも、企業塾でいたただいた、たくさんのメッセージを糧に、力を発揮していきたいと思います。
きっと、自分も、家族も、事業も、奄美もよくなると信じて、与えられた場所でまた精一杯頑張ります。

たくさんの方にあたたかく見守ってくださり、頭が上げられません。本当にありがとうございます。
[PR]
# by fukui2006 | 2008-01-21 06:04

父の涙

実家に帰り、父に想いのたけを話した。

体がもう丈夫な状態ではないこと、今のまま体を酷使して働いては危ないこと。

経営のことは、まだほんの一部しか知らない。ただ学んだこと、思ったこと、大切なアドバイスをいただいたことを伝える、自分はこう考えるということしか言えない。
「小さな・・」の青い本と稲盛先生の本を読んで、これはどうなんだろう、こうしたらもっと良くなるんじゃないか、何の経験もない自分に、何ができるかわからない、でも「変わって欲しい」
その一心だった。

今までは、頑として人の話を聞き入れなかった父が初めて、面と向かって話をきいてくれた。
話たらどんな言葉が返ってくるか、正直怖かった。

自分はもう若くない、これからのこと・・。
職人気質の父だ。きっと、自分の得意分野以外になると、色々な感情を抱きながら働いて
きたに違いない。

「ごめん・・」「本当に・・」
「今年は変わる」

みんな欠点だらけだ。許す許さないは私たちの仕事じゃない。今、この時、父は変わりたい、今を変えたい、心からそう思っているんだと感じた。
さなぎが蝶々になるとき、力を必要とする。今そんな時なんだと思う。

実家は両親が祖父母と暮らすために、引越し。名瀬でもまた引越し。落ち着かないけれど、新しく生まれ変わる契機だと信じたい。


父が目に涙を浮かべてしんみりとした空気がしばらく流れました。父の心にたまっていた何かがあふれ出しているように感じました。
これまで経験したものはきっと何かを掴みとるためだと信じたい。



今まで、本当に恥ずかしい話だけれど、みんな頑張っているのに、何だか方向性が見えなくて、まとまりのない家族だった。

みんなでそろって朝ごはんを食べたことが、嬉しかったと、妹も泣いていた。
私は泣かないと決めた。

家族経営で成功しているところはどんなところなんだろうか、どのように、世代交代したんだろう。何が子どもたちをひきつけたのだろう。幼い考えだと思う。けれども色々なことを考えさせられた。
枝葉ではなく、独立していることが一番良いと思う。

ピザやさんは今、工事が終わるまでしばらくお休みにさせていただいています。
これまでの歩みを振り返り、次のステップにつなげて、不安や恐れを成長に変えていきたいです。
[PR]
# by fukui2006 | 2008-01-07 23:29

2008年

元旦。
早朝4時から恒例のおにぎり作りが始まった。なれない作業に加え、クーラーにあたり続け
祖父の祝いの準備とサンゴンに、祝い唄を聴きながら、気づけば泥のように眠っていました。
これを毎日続けている母に頭が下がる想いがした。


長い人生を生き抜いてきた祖父、祖母、いつも元気を与えてくれる。

小さい頃からよく病気をして、赤ちゃんの時は、ハイハイも他の子とは違い、仰向けでいつも亀のようにバタバタしていたらしい。
弱視でミルクものまない、喋らない、そして何より愛想もない、この子は長くない・・と言われていたそうだ。

祖母と幼いころの話から、自分が何もないところから、今のお店や家を建てていったこと、気づけば3時間も話こんでいた。

祖父母は、小さい頃、さびしい思いを私がしないように、一緒に遊んでくれる仲間であり、叱るときは、本当に鬼かと思うほど厳しい教育者でもあった。家族の健康をいつも心配してくれるやさしい祖母でもある。

じじバイクとよばれる、バイクのかごのせてもらい、はしゃいで、夜中まで、真剣に祖母とトランプをして、二人で笑い転げたこと、ご飯一粒のこせば、押入れに放り込まれ、閉じ込められたこと。(何度「クソばばー」と壁にらくがきしたか!)
夏の暑い夜は、蚊帳に入り、うちわで私が眠るまで仰いでくれていた・・。

今でも思い出す。

もやしの種10粒から今の家は始まった。リヤカーを引きながら、野菜を売って、ただ目標に向かって働いたこと。

女性が学問なんて必要ない時代だったけれど、子どもには絶対必要だと思って、必死で学校に行かせたこと。

商人として、女性として、母として生き抜いたことを語る祖母の表情は、世間でいう高齢者ではなかった。

経営のことなんて、学問も無かったし体も弱かった、でも何か掴みたくて、毎日リヤカーを引く生活を変えたかった、よそ様に迷惑をかける生き方だけはしたくなかった。
その一心だった・・と話してくれた。

もし、何でも望み通りにできると言われたら何をするかの問いに、やはり仕事をしているとの答えだった。

温泉にいきたい、贅沢をしたい
私が思っていた答えではなかった。

そして、私に遂げてもらいたいことも初めて耳にした。

そうあって欲しいという祖母の願いだった。
ずっと思っていたとのことだった。

戦後厳しい時代を生き抜いた祖母の知恵を、力を無駄にしないように、きっと祖母の願いがかなう日が来るように、頑張りたいと思った。

二人が悲しむようなことがあってはいけないのだ。

祖母の血圧を測り、脈を触れながら、祖母のまだまだ!という生きる力があたたかい手を通じて
伝わってきた。

私も負けないぞ。
[PR]
# by fukui2006 | 2008-01-07 01:59

2007年

2007年

今までで一番濃く、喜怒哀楽の激しい一年だった。
自分の行動を振り返り、驚いてもいる・・。

もう止めようと何度思ったことか。
自分の無力さに何度泣いたか。

いつもそのたび、誰かに励まされ、しかられつつ、それでも、何かをつかみたくて、可能性のあるものに、できるものは全部挑戦してきた一年だった・・。

心の部分はころころ変わるけれど、魂の部分は変わらないのだ。

閉店を考え、何もかもマイナスに捉えていた頃を思い出した。本当に何もできない駄目な人間なんだ・と思っていた。

それから、思い切って門をたたいた、企業塾。

現実をうち破る力が確かにあった。

できないことばっかり考えて、できることを見出せなかった頃に比べて、できることがあるなら、
やってみよう、できるんだ。
そう、思えるようになった。

一つのことに集中して取り組んで成果を出そうと決めたチラシやDM
教わったことは、間違いなかった。今をかえる力が確かにあった。足りないものはノウハウや知識よりももっと大事なものだった。


失敗も一杯あったけれど、お金やものに代えられない、死ぬまで抱き続けるだろう大切な想い、言葉もいただいた。
それは、これからあるだろう壁や制約を乗り越えるものなんだ。それがあれば、たとえ周りからみて逆境でも、笑われても嫌われもチャンスなんだ。

まだまだできること、きっとあるはず。

小さな成功体験を思い出す。
何もできなかった私だけど、目標をみつけて、クリアできたものもあるじゃない!

事業の方向性からみると、空回りだったのかもしれない。

でも、企業塾でいただいた、メッセージは私、家族、色々な方に伝播しているように感じる。
家族みんなで考え始めている。

稲盛先生のいうとおり、家族でとどまる以上エゴなのかもしれない。
けれど、まず、自分たちがしっかりしないと!

思い悩むこと自体がチャンスだと思う。

人生は思い描いたようになる
そうだと本当に思う。

勝ち負けが問題なんじゃない。目の前のことに、どう取り組んだのかが問題なんだ。

価値観や想いが違ってもいい。それが当たり前。だからこそ、みんなで目標を共有することが大事なんじゃないかと思う。

稲盛先生も、アメーバリーダと一緒に働く人との間に、潜在意識に落ちるまで目標の共有化を促さなければならないって・・。

人間性の問題なのか、そうじゃないと思う。いつでも逆転できるはずなんだ。恥もプライドも感殴り捨てて、立ち向かう姿、それに共感できるメッセージがあるなら、リーダーは生まれてくるんじゃないか。

思うだけなら自由だ。

逃げればそれでおしまい。まだまだ終わったんじゃない。リスクを負っても、目の前の現実を変えていくんだ。力の限り。

いつも誰かに支えられてきた一年だった。

何年かかるか分からないけれど、与えられたものは、すべて返していけるようになりたい。

来年も、目標に向かって頑張るんだ。

「IT企業塾、挑戦の日々」のブログは来年1月まで。それからは自分の力で頑張るんだ。

来年の1月。また成長した自分でいよう。
[PR]
# by fukui2006 | 2007-12-31 00:19

一歩踏み出せるか

固くいうと、
事業のパッケージ化へ向けて。そんなに大層なものでないけれど。

電話の応対、接客、在庫管理表、発注表・・・できている。

今一緒に手伝って下さる方へ、想いを伝える手紙も書いた。
あとは、実行に移すかどうかだけ。

大きくスタイルも変える。

怖くてしょうがない。
一度失敗したことがよみがえる。

看護師としての道に突き進む。迷う必要がないのも分かっている。

ただ、傍観者として過ごすのか。今行動をおこしていくのか。それによって生じる責任はどうする
?身の丈にあわないことなのではないかと、看護師としての道あるのに、もう十分でしょう・・
何で敢えて難儀を選ぶ?中途半端なやさしさが周りに迷惑をかける・・もう1人の自分がいう。

何にもできないかもしれないけれど、SWOT分析をもって
修羅場を覚悟で枝葉の元になる土壌に飛び込んでみる。

それで、決める。そこで出された決断が、もう終わろうというものでも。私は悔いはない。
誰にでも生き抜く力があると信じ、また私も与えられた場所で精一杯生きる。

綺麗ごとなのかもしれない、けれど、どんな場所に行っても想いはもち続ける。
人生が想い描いたとおりになるなら、家族が一つになっていること。傍観者でいるのが嫌で飛び込んだ企業塾。

そこで学んだものは単なるノウハウじゃないんだ。









「あなたが思うとおりになるように、私は、毎日朝、夜一回必ず願う」

「また僕が願っているからといって、それに応えようと一生懸命にならなくてもいい・・」
群馬にいる、敬愛する方からのあたたかい励ましの言葉をいただいた。


今日は、その人の気持ちがただ、ただありがたくて、気持ちがあたたくなった。
出会えたことに本当に感謝の気持ちで一杯になった。
[PR]
# by fukui2006 | 2007-12-30 00:32

アメーバを作り上げる

 
思い切ってたずねてみた。
事業に対しての想い、今の実情、これからのこと。
まともな話ができなかった。

忙しさを理由に想いは伝えられないものなんだろうか。
人を理由に事業の方向性は語れないものなんだろうか。
私の聴く姿勢がわるかったのかもしれない。

事業が大きくなり、1人で抱えきれなくなると、
オーナー兼洗物係、経営者兼仕入れ担当発注担当
仕事が嫌で嫌でたまらなくなる
夢が無くなる 
仕事だけが残る。という文章が思い出された。

大きな壁を感じた。

価値観の違い、想いの違い
それでも何とか、力になりたくて、みんなそれぞれの持ち場で一生懸命だ。
なのに、どんどんバラバラになっていくのは、なぜなんだろうか。
身の程知らずだったのかもしれない。
知識・経験も無い自分が母を支えたいと思うこと自体がおこがましいことだったの
かもしれない。
自分の土台も無いところで何になるだろうか。

努力の方向性が間違っていたのかもしれない。
歯車をひたすらまわすハムスターだった

すべてを失ったら、何が残るだろうか。
知識。経験。体 想い。

稲盛先生のおっしゃるアメーバがなぜ適するのか、痛感した。それから、足りないものがすぐに補えないことも分かった。
また前田先生から貸していただいた本の後半がなぜ適さないか分かった。

これから私がしようとしていることは、本当に意味のあることなんだろうか。

想い、価値観が違う土壌からは分かれなければならない・・。

ここからは、自分と想いとの問題。
[PR]
# by fukui2006 | 2007-12-28 21:39

大道芸人から卒業します


今日もたくさんの方との出会いがありました。
3年間、お店でピザを作りながら、励ましていただいたり、時にはしかられたり・・
「黒猫メールでわざわざDM送ってるのに、品切れなんて!!」
物で解決しようとは思わなかったけれど、とにかく誤りたい気持ちでいっぱいだった。
クッキーを持って、重い気持ちを抱えながら、
クレームの処理にご自宅まで行った経験は今でも、鮮明に思い出します。

夜にしか咲かない月下美人を、わざわざ、夜遅く、お店に届けてくださり、あたたかい声をかけて
下さった方・・。

本当にたくさんの方のやさしさと思いやりに支えられ、お店に立つことは体はきつくても、幸せなひと時でもありました・・

3年間色々ありました。
今を変えたい。伝えたい。
そう思って取り組んてきたチラシ、DM
ポスティング。
新しいピザの企画。
農家さんにあって素材のことを調べてみる。
仕入れ。会計。
製造・販売。配達。

手伝ってくださる方と、妹と・・やってきた。

今日はどしゃぶりの雨でした。
大きな水たまりに思いっきり足を踏み入れてしまいました。

お届けするのに、大事なピザを思わず落としてしまいそうになりました・・。

「忙しいけれど、何かおかしいよね・・?」額に流れる雨の冷たさに訳も分からない緊張感
が走りました。

クリスマスや誕生日も一緒に家族と過ごせない、好きな人にも会えにいけない、
果てや車でご飯?座って、いただきますとゆっくりご飯を味わう時間もない、
なだれを起こした重たい辞書の下敷きになり・・

「このままでいいはずがないんだ!」
やることはいっぱいあって、充実感はあるのに、一歩前に進めない。自由になれない。
そんなことをずっと感じ、色々試して失敗して、最終的には全部自分で何でもかんでもやって
しまっていました。

家業の枝葉であり、何か先が見えない、またどこかに依存心や抵抗できないものもあった。自分のしていることは、本当にちっぽけなことでしかないとも、思っていた。
ただお客様に会えることがうれしかった。声が聞けることがうれしかった毎日。

どんな環境でもそれを選んだのは、自分だ。

ピザを作って、走って、生地をこね・・、チラシやDMを送付して・・・
受け売りの言葉だけれど、いろんなボールを持って、まわしている大道芸人(私の場合は落とすことのほうが多いような・・)学校に行っているのを話すのも、頑張ってる感をアピールするみたいで最初は嫌だった。

まだまだ、消化してないものがいっぱいあるのに、
背伸びをしすぎているように思うけれど、もう大道芸人さんからは、卒業しないといけない。
できるのだろうか・・。
もしかすると、迷惑をかけるかもしれない。厚顔無恥とは自分のことだろうと思う。

実践してみないと分からない

新しい自分になるような気がする。
足りないものが、一杯、数え切れないほど見えてきた。
お店、事業に欠けている部分、必要なもの、たくさん・・。


こう気づけた時、好きな人にあったように心臓がドキドキした。
欠けているもの、気づけたこと、取るに足りない自分なのに、
感謝の気持ちで一杯です。
想いを忘れず、無理せず、のびのびと、私は私らしく、また一つ階段を上りたい。
[PR]
# by fukui2006 | 2007-12-25 03:59

作る

あのトマトまだですか?

半年前から問い合わせてくださる、いつものMさん。

手紙で「野生の証明」のトマトの紹介をしていったことから、時々電話がある。

秋、収穫を終えたばかりの畑は、大仕事を終えて、ほっと一息ついたような静けさだった。


「テントを1人で張るんだよ。風がぴたっと止まる時間がある。そのときにテントを張る」
「自然の力を借りるんだよ・・・」
丁寧に植えられた苗たちは、すくすくと育ち始めた。

今、黄色い花がうれしそうに咲き、収穫の時をまっている。

小さい花々が全て太陽の方向を向いている。 数センチのくるいもなく・・

ただ圧倒されるばかりだった。

実ったばかりのトマトを口にした。なぜだか涙がこぼれた。
涙の理由は分からない。

ご飯も妹や弟のためにまともに作れなくて、悩んでいる様子の妹にゆっくりと話を聞くこともできず、気づけば、自分のことばかりだった。
今までしてきたことは、何だっただろう。

「あなたの行いに愛がなければ、それは全てしなかったことと同じ、無駄」
自分が幸せでも、家族が幸せでなければ意味がないのだ。今を変えたい
そう思って、夢中になって取り組んできた。会話が減っていることにも気づかずに。

動けなくなってしまった。

このトマトの完成度をみたら、足がすくんだ。
今の状態では、何も生み出せないと思った。

1つのものを作りつづける。厳しさとやさしさ。

「その強さはどこから来るのですか?」
思わず口をついてでてしまっていた。

ただにっこりと微笑む・・。
言葉ではない。浅はかな質問だったと反省する。

どれほどのたくさんの人が癒されただろう。どれほど多くの方が、生きる力を
与えられただろう。

今の私も全てここから始まったような気がする。

野生の証明が紹介されているホームページをみて
「この人にあってみたい。」そう強く思った。

畑にいくのさえ、恐れ多かったあの頃。
結局、何もできないんだ。全て無駄だった、と沈み込んでいたあの頃。
トマトに出会って、作る方の姿をみて、あともう少し頑張ろう、伝えたい。
そう思えるようになった。

1つのものを愛し、作り続ける。
その人が愛をもって作り続けた作物は、また愛を運ぶのだろう。
それは、きっとやさしさや厳しさでもある。

今、大切に育てられた、トマトたちは、収穫の時をまっている。

もうすでに全国から予約でいっぱいだった。

また新しい感動と、出会いの物語が始まる・・

「お父さんは、いつでもここにいる。」
たくさんの出会いのきっかけを与えてくださったこと、時には厳しく、
時には、大きな手で包み込むようなやさしさを忘れません。
[PR]
# by fukui2006 | 2007-12-21 03:15

再会

明日は、奄美王国さんがきっかけで出会った方が、奄美へいらっしゃる日だ。

たくさんのやさしさをいただいて、どうしても気持ちが伝えたい。

でも会えないかもしれない。

手紙を書いて、いつもの場所へ届けに走りました。

もう12時を過ぎていたので、開いているか、久しぶりの猛ダッシュで、
何もないところでつまづきそうになりました。

何とか間に合い、手紙を渡せ、ホッと一息。

ふと横をみると、おじさんなのか、若者なのか、不思議な雰囲気の方がいました。

懐かしい、どこかでみたような・・きっと人違いだろうと思いました。

でも、なんとその方、小学校5年生の時の担任の先生でした。

先生も私のこと、家族のこと、驚いたのは、私がどんな生徒で、どんな性格で何が得意で、
あの頃のあなたは、と細かいところまで覚えて下さっていました。

なんと、何十年ぶりの再会でしょうか!

偶然(必然)の出会いってあるんですね。

先生の生徒だった時はまだ、新米先生で、よく私は怒られていた記憶があります。

「奄美の子どもに光をあてたい。与えるのではなく、一人一人が奄美を誇らしく思って
生きていく、そういう環境、教育を僕はしたい。」

人を導いていく、教師という立場、きっと並ならぬ苦労があったと思います。たくさんの生徒の人生をみながら、一緒に悩んで、泣いてくださった先生でした。

損得なしで、辛いときはそばにいて、楽しいときは、一緒に笑い、誤った行動には、容赦なく厳しい方でした。
大好きな先生です。

奄美が嫌で、一度は思い切って島をでようと思ったこともあったんですよという話になった。

どこにいても一緒だよ。夢がなければ。

成功も失敗も自分が決めるのだ。

「夢をもっていれば、大丈夫、周りがばかにしても、あなたの想いは必ず伝わる。」

辛いことを顔に出さなずに笑顔でいなければならないときもある。
知っているからこそ辛いかもしれない。でも笑顔で、一生懸命、夢を持ちながら、
想いをもちながら、生きていけば、きっと想いはかなう。

先生の言葉は、いくつもの、困難を乗り越えてきただろう、確固として、自分の
信念を貫いてきた生きかたが伝わってきました。

先生の教え子であったことを、こころから感謝したいと思いました。

愛弟子頑張ります!!
[PR]
# by fukui2006 | 2007-12-18 02:30

奄美王国「ハンダマピザ」はじまりました!

奄美王国@ピザリコ デビューしました!

企業塾3期生の皆様、いつもお世話になっている
たくさんの方々・・

みなさんにご協力していただいて、「ハンダマのピザ」をおいしく育てることができました。

何度もピザをもっていく私に、こころよく試食をして下さったこと、本当にありがとうございます!

これからも、もっとおいしくできるように、日々研鑽していきますね!


去年、企業塾の最後の日に誓いました。
「小さな世界から奄美を発信していく」

夢だった通信販売。

勇気をもって想いを伝えつづけること、
強く願い続けけること。

目の前の認識と行動を変えて進んでいくこと。

これからもがんばりますね。

今日は、先日奄美王国でピザを頼んで下さった方から、お手紙が届いていました・・。
その方のあたたかい気持ちに触れ、嬉しいことが2倍の日でした。

全国の方とつながっていけたら、本当に嬉しいです(^^)

追伸:「近代食堂」さんで奄美がブームになりますように!
[PR]
# by fukui2006 | 2007-12-14 01:11